ようこそ 野火俳句会のホームページへ

 野火俳句会では随時新会員を募集しております。

 入会希望、見本誌希望の方はお気軽にお問合せください。

 野火俳句会の月例句会にいらっしゃいませんか?

 初心者の方、見学の方も大歓迎です。

 開催地はこちらをご覧ください。

 参加希望の方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

今週の一句(2018.8.13) バックナンバー

 

 

通らせて貰ふ家畑秋なすび 上石みち子

             (『野火』8月号遠嶺星)より

 

  

 

 この三日、パソコンを覗かなかったため、更新が遅れてしまいました。さて掲句、心安まる光景である。現在でも郊外や農村ではよくあることだろう。

 稲の花が咲きだした。私の故郷では6月に田植えをして9月下旬から10月初旬にかけて稲を刈るが、このところ稲の収穫時期が早まっているようだ。八月中に稲刈が始まるところもある。(写真は春日部市小渕の稲の花)

                   

週間で更新します。

掲載希望の句がありましたら、鑑賞文を付けてお問い合わせフォームへ。野火の句にこだわりません。

菅野孝夫句集『細流の魚』が電子書籍としてアマゾンから発行されています。

下記のURLからどうぞ
https://www.amazon.co.jp/dp/B07DFM5X6D

 

野火創刊号(昭和21年6月1日発行)復刻しました。‼

 

平成29年10月22日発行

発行所 野火俳句会

 

ご希望の方はお問い合わせフォームよりお申込み下さい。