今月の作家 (平成27年5月号より)  

 

 

コカリナ  柳澤 二重


コカリナという木の小さな笛を吹き始めて十数年になる。若い頃はいろいろ楽器(ハーモニカ、尺八、ギターなど)を購入し、自己流で一寸かじってはすぐ飽きて放り出してきた。こんな根気のない私がどうしたことか、定年後ふとしたきっかけにこの楽器に嵌った。今では二つの同好会をつくり、ボランティアとして毎月数個の施設へ出向き、童謡・唱歌を楽しむ手伝いをしている。