同人作品 (平成28年11号より)

  深海集同人作品

 

盆棚をほどけば元の二人なり   あつ子

 

 敗戦忌死は鴻毛より軽く     研 二

 

木々揺れてふと秋風と思ひけり  千代子

 

長生村停電中や虫の声      よしえ

 

掃苔や墓碑に一人の戦死あり   啓 三

 

水撒きて夕べの風に吹かれをり  ひ ろ

 

生醬油に漬けて二日の新生姜   裕 子

 

元気出せ元気出せよと法師蟬   千 代

 

寺があり石垣ありて百日紅    芳 朗

 

馬肥ゆる片足立ちの二十秒    真砂子

 

多摩川の平らな流れ秋はじまる  のり子

 

脱衣所に首振る秋の扇風機    弘

  蒼茫集・春蟬集同人作品

 

夢の手に骨なぞられて秋の朝   砂 女

 

作業着の汗の重さや百日紅    萩原 敏子

 

涼風や浅草六区寄席太鼓     内田恵里子

 

葡萄熟るラジオの音を高くして  大越 秀子

 

娘一家来るとて障子貼り急ぐ   相見 基子

 

作業着の吊されてゐる葡萄棚   長谷川悦子

 

夏終る括りて重き新聞紙     松尾美枝子

 

音たてて沼の騒立つ夏の雨    戝間 和代

 

小流れに蟹戯れて過疎の村    佐々木由紀子

 

八月の薔薇の疲れてゐたるかな  江澤 俊子

 

秋の田を新幹線の突つ走る    大越 徹夫

 

宿浴衣帯の長きを持て余す    小林 好子

 

物置に物詰め過ぎて豊の秋    山本 恭子

 

百日紅まひる静かに風もなし   原田 潔味

 

鮮やかな水着の干され母の家   和田 富子

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る