同人作品 (平成28年12号より)

 

          菅野 孝夫選

 

 

深海集同人作品

 

丸太ん棒二つ渡せる紅葉渓           研 二

 

その中の一本の白曼珠沙華           啓 三

 

望の夜や生きてゐるかと子の電話    あつ子

 

秋風やケルンに小石一つ置き          裕 子

 

男でも女でもなく生身魂        真砂子

 

大根蒔く軍手長靴猫車           よしえ

 

特急の過ぎたるあとの葛嵐             千代子

 

秋風に吹かれて来り黒揚羽                 ひ ろ

 

風の来てふうせんかづら疲れさす        千 代

 

木の椅子の半分乾き草の花                 恭 子

 

水流れ風は漂ひ秋日和                       のり子

 

ドイツ連邦共和国大使館の壁秋の蜂     弘

 

 蒼茫集・春蟬集同人作品  

 

台風の真ん中にある飯茶碗              小田  笑

 

月光に濡れて一夜の微熱かな           柳瀬 秀子

 

鵙日和鉄骨一途空へ伸ぶ                 砂    女

 

空つぽの瓶に蓋して夏終る              柏木はる子

 

鯉の口赤い木の実をひとのみに        仲代 知子

 

エスカレーター昇る秋思の顔ばかり  佐藤 とよ

 

決裁の印の朱色にある残暑              森村 和弘

 

水澄むや飯豊山麓蕎麦の腰              米澤 久子

 

働いて眠る一日賢治の忌                 和田 秀巳

 

図書館の奥の書棚の秋気かな           財間 和代

 

鳥渡るロッジに薪の堆く                 礒村 和子

 

路地路地の木犀の香や城下町           戸川 雅子

 

すつと来て止まり直して赤蜻蛉        佐々木由紀子

 

瀬戸内の蛸の干されて日暮かな        窪田由美子

 

秋晴や夫に二三の用頼み                 相見 基子

 

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る