主宰作品 

(平成28年11月号より)

 

茶が熱し  菅野孝夫

 

 

   

 

飯時や槐の花の散りこぼれ

 

桝酒の冷を半合蕎麦屋にて

 

真夏日のひだりとみぎの目玉かな

 

土用次郎土用三郎茶が熱し

 

秋風や楡の梢をあきらかに

 

からからの日干にされて鵙の贄

 

秋の川蝶が流れて行きにけり

 

下顎を突き出してゐる初秋刀魚

 

蜘蛛の巣に蜘蛛しかをらず秋の雨

 

きのふから雨ふりやまず草の花

 

秋の日の机に置かれある眼鏡

 

戸障子を外し一間の秋彼岸

 

つい触れてジンジャーの香に噎せにけり

 

いつまでも居て打たれけり秋の蠅

 

風蕭々と懐寒し秋の暮

 

  秋の夜の隣に誰か来てゐたる

 

 

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る