野火歳時記 (平成28年12月号より)

 

 

 

 

 

名ばかりの漁港なりけり鮟鱇鍋   伊藤 恭子

 

枯山に徒党を組んでゐる鴉     岩村  勝

 

人形の背中のねぢやクリスマス   大谷のり子

 

捨魚に群れて離れて磯千鳥     刈込 照子

 

電飾をまとひ冬木の眠られず    北村 草火

 

冬帽子互ひの犬に声かけて     久米美知子

 

子を帰し温め直すのつぺ汁     酒井 道子

 

それぞれの寒さを帰る葬のあと   篠原 悠子

 

寝入り端雨が霙に変る音      番場ノリ子

 

百の杭一つ余さず百合鷗      柳澤 二重

 

裸木の影の先まで尖りたる     吉田 惠子

 

ジーンズを干して冬日のたよりなき 吉田美津子