kkkkk

 

野火集抄

菅野孝夫選

 

 

 

 

 

桜海老ひとかたまりに揚げられて     さいたま  宮鍋 良子

 

貫通銃創忘れたるかに生身魂           野 田    染谷  實

 

南部富士どこからも見え梅雨あがる  新   潟    村山 靖子

 

訥弁やラムネの壜にラムネ玉           桐 生    小池 和利

 

どつこ沼三五郎小屋赤とんぼ           富士見    金野 信子

 

海の日や総帆展帆日本丸                 東 京    小田原郁代

 

数式のボードに余る夏期講座           加 須    臼倉  剛

 

朴の葉に包み釣果の鮎一尾              我孫子    安井 義一

 

点滴のぽたりぽたりと梅雨に入る     春日部    蚊 嫌 男

 

病院の上げ膳据ゑ膳夏大根              千   葉   手嶋小夜子

 

捩花の初志貫徹の形かな                 春日部    田口 淑枝

 

開口一番鮎の釣果を声高に              仙 台    新保 紀子

 

水槽のモーターの音明易し              古 河    宮本 京子

 

夏空を斜めにジェット戦闘機           埼   玉    遠藤 未月

 

なまはげの秋田なまりや夏炉焚く     須賀川    生田 泰子

 

山頂の三角点に夏惜しむ                 郡 山    丹野  裕

 

三伏の寺の石段登りきる                 田 村    村上ツヤ子

 

船頭の赤き扱きや夏燕                    茨城県    寺内 直子

 

鰻重には肝吸もぬかるなよ              東 京    小松原錦子

 

青ピーマン赤ピーマンもみんな嘘     東 京    山本 和子

 

野火集選後評

菅野 孝夫

 

桜海老ひとかたまりに揚げられて    宮鍋 良子

 

 旨いとかうまくないとかいいながら、なんの疑いもなく私たちは食べていますが、桜海老はひとかたまりに煮立った油に放り込まれ、考えて見れば実に残酷な話です。人間に置き換えてみるとぞっとします。

 

貫通銃創忘れたるかに生身魂           染谷  實

 

 貫通銃創という言葉を久しぶりに目にしました。戦後も七十二年、戦争の体験者はまさに生身魂です。忘れたのではなく忘れたふりをしているのかもしれません。一時代が確実に過ぎようとしています。

 

南部富士どこからも見え梅雨あがる              村山 靖子

 

 

 岩手山・別名岩鷲山(二〇三八m)は南部富士、岩手富士、南部片富士とも呼ばれます。小学校の修学旅行で盛岡に行って、初めて岩手山を見たときの興奮を今も忘れません。岩手山はその名のとおり岩手県を代表する山です。岩手県人の心のよりどころで、盛岡市内のいたるところから堂々たる山容を見ることができます。ようやく梅雨もあがって、みちのくに本格的な夏がやってきます。