野火集抄

菅野孝夫選

 

定年や湿度五十を切りて秋       小池 和利

 

八月や棘抜くための針焼いて      熊谷 幸恵

 

三方に海ある能登の良夜かな        泉   喬

 

残りたる暑さを我らホモサピエンス       深見 昌子

 

稲を刈る母八十五夕日差す                   金野 信子

 

擂鉢のどんと置かれてとろろ汁             関根 裕泰

 

母逝きて父すでに亡き棚飾                   村田  修

 

椅子寄せて母と西瓜を食べにけり          寺内 直子

 

血圧を計らんとすれば蚊が止まる          柴田美智子

 

厨房に女三代夏休                               安井 義一

 

父方と母方とゐて盆帰省                      杉江 典子

 

花咲徳栄高校四番バッター雲の峰          阿部 慶子

 

霧の中見ゆるものみな霧ばかり             小田原郁代

 

草茂る一軒分の空地かな                      吉村 朝子

 

軽トラに乗つて帰還の案山子かな          飯塚  璋

 

向日葵やまでいの村の雨上がり             村越 知枝

 

漁具を干す九十九里浜昼寝時                松島 湖月

 

青柿の落つるたび牛驚かす                   松井 洋子

 

鳴竜の声震はせて夏終る                      鷲見 光子

 

こじよはんや鍬の柄先に赤蜻蛉             鈴木 康雄

 

*までい=丁寧・ゆっくりの意味。飯館村に道の駅「までい舘」がある。

*こじよはん=三時のおやつ