野火集抄

菅野孝夫選

 

 

体育の日やペンギンは短足で            小池 和利

 

糸瓜忌や日は差しながら雨ながら      安井 義一 

 

秋うらら湯島二丁目坂の上               栗原  豊

 

我は下の妻は二階の良夜かな            松野  稔

 

筒音の遠く聞えて紅葉宿                  飯塚  璋

 

父の忌や嗜まねども温め酒               福田 孝子

 

オクラ咲くミニスカートに蜂の来て   岩崎 陽子

 

警官に呼び止められて月夜かな         熊谷 幸恵

 

柘榴の実割れて谷中の長安寺            金野 信子

 

土曜日の虫の声聞く長湯かな            鈴木 京子

 

新豆腐ありて事足る病み上がり         小松原錦子

 

ローカル線乗り継ぐ釣瓶落しかな      斎藤 暁子

 

コスモスのここで二千歩折返す         成田 順子

 

徳用の燐寸の減らぬ蚊遣香               染谷  實

 

山栗を掃き寄せてあり那須の宿         寺内 直子

 

オルガンを弾く足元に秋の風            西ノ谷俊枝

 

下り鮎水音遠くなりにけり               新保 紀子

 

窓の無き貨物輸送機鰯雲                  渡辺多美子

 

菊の香に包まれてをりむせてをり      村上ツヤ子

 

鳶職の七枚鞐秋高し                        小松 藤男