同人作品 (平成29年1号より)

 

          菅野 孝夫選

 

 

深海集同人作品

 

枯蟷螂気力だけでは生きられず        啓 介

 

母方の祖母の家なり零余子飯           よしえ

 

歩きつつもの考へて暮の秋              恭 子

 

蝗捕り畦より一歩踏み込んで           啓 三

 

父の忌を送り母の忌栗ご飯              みち子

 

幕間の膝にひろげて栗ご飯              ひ ろ

 

けんちんの人参赤き昼の雨              芳 朗

 

長き夜や紅茶のための湯を沸かし     真砂子

 

栗菓子を母と分け合ふ後の月           のり子

 

板の間の少し傾く走り蕎麦              和 子

 

朝顔の実と実の屑と旅鞄               弘 

 

念入りにむかでを殺す秋の昼           砂 女

         蒼茫集・春蟬集同人作品 

 

耳鼻科から秋刀魚を焼きに帰りけり           小田  笑

 

天高し駅から見ゆる観覧車                       柏木はる子

 

露天湯の人体フォルム寒月光                    柳瀬 秀子

 

冬に入る人の暮しの水の音                       内田恵里子

 

蛇笏忌の部屋這ひまはる山気かな              和田 秀巳

 

一人分父の夕餉や芋洗ふ                         大越 秀子

 

片付けて秋の机となりにけり                   森村 和弘

 

柿の秋鍋噴くまでのストレッチ                平川菜穂子

 

夕風に揺るるむらさき杜鵑草                   加藤美惠子

 

豚饅に梨の昼餉や猫も来る                      相見 基子

 

水と湯と蛇口一つや文化の日                   塩川 邦子

 

花芒日あたりながら揺れながら                佐々木由紀子

 

大福に南瓜プリンにもかぼちやかな          長谷部かず代

 

鴨群れて近江舞子の日暮かな                   保呂 和子

 

熱海より在来線の秋日和           亀井 歌

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る