十月号の深海集から

菅野 孝夫選

 

 

 

 

 

すぐ其処に蜩のをり湯を沸かす        あつ子

 

除染後の庭をいぶかる羽抜鶏           研 二

 

八雲立つ出雲神等去出神送り           誠 文

 

高々と組む鉄骨や西日射す              啓 三

 

夏の夜のプラットホーム鳩歩む        ひ ろ

 

ネックレス外して胸の汗を拭く        千 代

 

昆布干す水平線に利尻富士              十美子

 

炎天に出て行くための一歩かな        恭 子

 

日焼濃し地区青年部ねぷた班           悠 子

 

まだ暑き日傘を膝に畳みけり           真砂子

 

狐の面売つて王子のあんみつ屋        のり子

 

涼風や腕に二の腕三の腕                 弘 

 

文芸坐地下へと原田芳雄の忌           砂 女

 

今月の推選作品/

10月号蒼茫集・春蟬集同人作品より

菅野孝夫選          

 

叔父さんは錆びついてをり墓洗ふ     柏木はる子

 

生きてゐる父との会話百日紅           大越 秀子

 

刈草のわつと匂へる母の家              小田  笑

 

隣から鮎焼くにほひキャンプ場        松尾美枝子

 

涼しさや水は流れて音立てて           内田恵里子

 

椎若葉初めて息子に背負はれて        三上 イツ

 

空梅雨の傘広げ干す会議室              和田 秀巳

 

還暦を越すサーファーに美髯あり     平川菜穂子

 

夏の夜のポストのぱかと熱吐けり     伊藤 泰子

 

ベランダの金の成る木や熱帯夜        長谷部かず代

 

歪みたる水筒展示原爆忌                 財間 和代

 

湯あがりのコップの水や夜の秋        佐々木由紀子

 

地に落ちて全速力の毛虫かな           藤田  満

 

油照鳩も烏も口開けて                    日向野君子

 

みちのくや椀子蕎麦屋の藺座布団     礒村 和子