十二月号の深海集から

菅野 孝夫選

 

彼は逝き彼は病みをり花木槿             啓 介

 

カーテンの襞にきちきちばつたかな    ひ ろ

 

望の夜の雲しろじろと走り継ぐ          あつ子

 

年越しの鰯に酒は二酌ほど                誠 文

 

嫁留守の炊事当番さんま焼く             千 代

 

入院の一人の部屋に昼の虫                真砂雄

 

家古りて階段古りて昼の虫                芳 朗

 

秋刀魚の骨喉をかすめて通りけり       恭 子

 

鰯雲背中合せに腰掛けて                   真砂子

 

底見せて流るる水や鮎落ちて             のり子

 

人ひとり歩いて来る秋彼岸                弘 

 

八月大名亀裏返し裏返し                   砂 女

 

今月の推選作品/12月号蒼茫集・春蟬集同人作品より

菅野孝夫選

 

高層ビル内階段の残暑                    小田  笑

 

逆さまや産卵中のいぼむしり           内田恵里子

 

槍よりの山座同定秋の天                 栗原 律子

 

ためいきに五グラムほどの秋思かな  和田 秀巳

 

入院の七十五日秋に入る                 橋本 幸子

 

暇さうな秋の蛇口となりにけり        森村 和弘

 

秋暑し口のしまらぬ小銭入              米澤 久子

 

爽やかや厚揚げを煮て林住期           平川菜穂子

 

叔母の着る母のお下がり秋彼岸        長谷部かず代

 

沼津港烏賊釣船の昼眠る                 礒村 和子

 

綱引のアンカー秋の空仰ぐ              伊藤 泰子

 

秋冷や赤き鉄吐く溶鉱炉                 岩本 功志

 

帆引船戻りて浦の秋夕焼                 佐々木由紀子

 

農大の大根踊り天高し                    亀井 歌子

 

兄が来て妹も来て栗ご飯                 塩川 邦子