同人作品 

(平成29年2号より)

 

          菅野 孝夫選

 

 

 

深海集同人作品

 

台風の進路逸れたる風の音                          ひ ろ

 

押せば出るミルクコーヒー冬に入る              のり子

 

猪罠を掛けて勤労感謝の日                          三 郎

 

大騒ぎ長生村に猪が出て                             よしえ

 

初雪や野積みの丸太香を放ち                       みち子

 

日向ぼこ空といつものやう会話                    李 邨

 

家中の靴入れ替へて雪を待つ                       千 代

 

山の辺の冬日に透けて真葛                          悠 子

 

抽斗に子の家の鍵春隣                                真砂子

 

製本工場ドア開けてある寒さかな                 弘 

 

すぐそこの山に初雪爪を切る                      春 美

 

立冬の脚ジーンズに入れをはる                   砂 女

 

 

 

 

蒼茫集・春蟬集同人作品

 

 

 

 

行き掛けの用事が一つ冬帽子           内田恵里子

 

象が糞すれば歓声冬うらら              小田  笑

 

鶏の水飲んでゐる今朝の冬              萩原 敏子

 

縞馬の縞の隙間や冬の蠅                 大越 秀子

 

秋刀魚一尾尾頭付の骨残る              久米美知子

 

冬ぬくき三頭身の小芥子かな           松尾美枝子

 

木の枠のガラス磨かれ一葉忌           柏木はる子

 

背番号4のジャンパー鰯雲              和田 秀巳

 

鮭缶の鮭の中骨燗熱し                   渡辺 淳子

 

四万十川の手摺なき橋小六月          川名 澄子

 

誰も寝ぬ奥の襖や閉めきりて          小池 旦子

 

朝明けの焚火を囲み川漁師             大越 徹夫

 

初雪や鴉はもとの鴉にて                小林 好子

 

木漏れ日の影のゆらぎや冬の蝶       伊藤 泰子

 

赤信号六十秒の日向ぼこ               長谷部かず代

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る