平成29年三月号の深海集から

菅野 孝夫選

 

 

 

 

開戦日段ボールより猫の貌              研 二

 

石仏に一杓の水冬紅葉            裕 子

 

黒々と大きな蠅や冬座敷                 のり子

 

枯野の駅人の匂のすぐ消えて           あつ子

 

風邪心地予防接種を受けてより        よしえ

 

枯野人川辺へ下りて行きにけり        啓 三

 

厚物のすこし疲れて日暮れけり        ひ ろ

 

雪の降る前の暗さや眼鏡拭く           千 代

 

討入の日の橋渡る靴の音                 恭 子

 

蟷螂の枯れてゐるなり棒の先           真砂子

 

ジャンパーの引つかけてあり掲示板  弘 

 

寒晴や墓前に開ける缶ピース           砂 女

 

今月の推選作品/3月号蒼茫集・春蟬集同人作品より

                                      菅野孝夫選 

 

         

猿山を見てゐる冬の背中かな           小田  笑

 

箸置のガラスの凹み春隣                 内田恵里子

 

冬帽子優先席の二人かな                 大越 秀子

 

雪が降る土湯の宿の小芥子かな        萩原 敏子

 

冬の夜の回転寿司の蛸の皿              和田 秀巳

 

百合鷗盗賊鷗よく晴れて                 渡辺 淳子

 

数へ日や駅の階段踏み外し              柳瀬 秀子

 

初春や卒寿の膳に酒を酌み              堀之内千代

 

深々と氷下魚漁師の目出し帽           大越 徹夫

 

右筑波左前方雪の富士                    加藤美惠子

 

ふるさとの丸餅ぽおとふくらみぬ     財間 和代

 

十二月ドアのベル鳴る喫茶店           長谷部かず代

 

除雪車の確かな響き夜更けまで        伊藤 泰子

 

暮早しゲームセットのショートゴロ  若井 英夫

 

おでん煮る曇る眼鏡を拭ひつつ        萩原 慧子

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る