四月号の深海集から

                  菅野 孝夫選

 

 

 

 

鯉濃に味噌を溶きをり寒四郎             あつ子

 

鍵かけて一歩踏み出す雪の中             千 代

 

影といふ恐ろしきもの雪月夜             啓 介

 

シャンパンのコルクをぽんと明の春        ひ ろ

 

湯たんぽや夜更の不意の地震に覚め        裕 子

 

幕の内弁当膝に初芝居              真砂雄

 

一人の湯ラジオに遠き除夜の鐘              芳 朗

 

丸干の潤目鰯や冬ざれて                       恭 子

 

初凪や太平洋の水平線                          真砂子

 

寒中の印鑑を押す力かな                       のり子

 

二三個のみかんにみかん足されけり        弘 

 

立春大吉塩大福を炙りをり                    砂 女

 

 

 

       4月号蒼茫集・春蟬集同人作品より

                                                        菅野孝夫選

 

木刀の立てかけてある冬座敷             小田  笑

 

突き抜けて空の硬さや冬木の芽          萩原 敏子

 

缶切で開くる缶詰雪が降る                内田恵里子

 

日脚伸ぶ荒川線の発車ベル                松尾美枝子

 

日の丸の絡まつてゐる三日かな          栗原 律子

 

友遠方より来りて海鼠食ふ                森村 和弘

 

生臭き包丁洗ふ寒の水                      戸田 一子

 

ふるさとや部屋の数だけ隙間風          長谷部かず代

 

群馬より葱を手土産犬連れて             相見 基子

 

幹高く熊の爪痕風騒ぐ                      礒村 和子

 

牡蠣届く軍手とナイフ添へられて       財間 和代

 

てんでんに星を眺めて葱坊主             伊藤 泰子

 

猫がゐる谷中抜裏寒桜                      加藤美惠子

 

除雪車の道ぎりぎりに迫り来る          番場勢津子

 

妻退院土見ゆるまで雪を掻く             畠山 達也

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る