五月号の深海集から

菅野 孝夫選

 

 

 

 

 

 

鍋かけて菜を摘みに出る多喜二の忌          千代子

 

たよりなき五感に春のショールかな           裕 子

 

タバスコの赤のキャップや大寒波        のり子

 

余寒なほ歯科医の椅子に身を固く              よしえ

 

霙るるや春のこころの裏返る                    ひ ろ

 

潮騒に和して遍路の鈴の音                       和 大

 

晴れながらぱらつく雨や福寿草                 芳 朗

 

窓拭いて人降りてくる寒日和                    恭 子

 

バレンタインの日の鏡の奥にドア              真砂子

 

オムライスにケチャップの帯鳥帰る           和 子

 

雪よりも冷たき雨や人の顔                     弘 

 

立飲みの出汁巻卵春二番                          砂 女

 

今月の推選作品/5月号蒼茫集

春蟬集同人作品より菅野孝夫選          

 

春節祭三日過ぎたる豚の鼻              小田  笑

 

父の姉九十六歳山笑ふ                    大越 秀子

 

湯冷しの湯の冷めすぎて春の風邪     内田恵里子

 

早春やトンガリコーン食べながら     渡辺 淳子

 

耳たぶも鶯餅もやはらかし              松尾美枝子

 

白鳥に水かき人に肩甲骨                 柳瀬 秀子

 

数へつつ登る石段辛夷咲く              長谷部かず代

 

お玉杓子足が出てきてしまひけり     伊藤 泰子

 

揚げたての公魚の香や余呉の湖        大越 徹夫

 

湯に放つ若布のみどり寒明くる        礒村 和子

 

朝明けの千の鵠の羽音かな              財間 和代

 

千代さんへ届けたくなる鹿尾菜煮る  亀井 歌子

 

草青むアキレス腱のストレッチ        江澤 俊子

 

鳥小屋に竹の箒や日脚伸ぶ              渡辺 長子

 

春の夜の給湯室のナースたち           和田 富子

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る