六月号の深海集から

 

菅野 孝夫選

 

 

 

 

 

フクシマの海は真青に鳥帰る           研 二

 

過疎の村十軒を切る葱坊主              三 郎

 

春の夜の開けつ放しの薬箱              真砂子

 

花いまだ濡れて麒麟の肉の角           砂 女

 

桃の花抱いて花屋が小走りに           啓 介

 

蕨餅老いて黄粉をこぼしつつ           啓 三

 

春の草抜くと屈まり力出す              李 邨

 

鍬洗ひをれば騒がし鳥の恋              千代子

 

桜見て来ては疲れたとも言へず        千 代

 

頰にくる利根の川風蓬摘む              恭 子

 

髪切つて母九十や桃の花                 のり子

 

鉄の戸のがらがら開いて春の暮        弘 

今月の推選作品

 

号蒼茫集・春蟬集同人作品より菅野選          

 

や歩くと揺るるイヤリング            松尾美枝子

 

花冷の背中を人に見られけり            柏木はる子

 

湯島聖堂孔子の靴の先に蝶               小田  笑

 

春一番二番三番内野ゴロ                  和田 秀巳

 

風花のふと触れたがるぼんのくぼ      柳瀬 秀子

 

寒戻る頰にマスクの紐の跡               米澤 久子

 

若芝に園児のリュックまとめ置く      久米美知子

 

さきたまの古墳の円み青き踏む         長谷部かず代

 

尾を振りて蝌蚪の頭の集まりぬ         伊藤 泰子

 

もういちど枝垂桜を一回り               神代 英子

 

蜆舟東京湾をすぐそこに                  江澤 俊子

 

夫婦して失せものさがす日永かな      相見 基子

 

春愁の顔と真向ふ夜の窓                  長谷川悦子

 

清明やセロリの茎とマヨネーズ         宮澤みどり

 

桜湯を校長室で頂きぬ                     亀井 歌子

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る