七月号の深海集から

菅野 孝夫選

 

 

 

 

 

            猫柳水は低きに流れけり            のり子

 

うぐひすや子牛の耳に検査票              研 二

 

送り火を消すときが来て消しにけり     誠 文

 

チューリップ四五本村の診療所          よしえ

 

バス停に何時もの顔や燕来る             千代子

 

ひともとのさくら枝垂れて夫の墓       ひ ろ

 

音立てて剥がす一枚春キャベツ          恭 子

 

桜東風採血あとの絆創膏                   真砂子

 

つちふるや出羽の焼麩屋文四郎          和 子

 

昼少し前の昼飯桐の花                      弘 

 

春の夜のバーテンダーのゐるお店      春 美

 

作者みな死者の本棚霾晦                  砂 女

 

今月の推選作品

7月号蒼茫集・春蟬集同人作品より 菅野孝夫選          

 

姫女苑通り道ではなささうな            小田  笑

 

草に寝て雲雀の鳴くを見てゐたる      内田恵里子

 

蜜蜂の羽音うなじのあたりより         柳瀬 秀子

 

正座して囲む食卓昭和の日               松尾美枝子

 

行く春の象舎に長きゴムホース         柏木はる子

 

ほろほろと風の軽さや雪柳              大越 秀子

 

満開の桜に水の匂ひけり                 萩原 敏子

 

春惜しむひとりとなるもビートルズ  柳澤 二重

 

春宵の散髪を待つ二三人                 和田 秀巳

 

花の昼ゴリラが向う向きに寝て        塩川 邦子

 

母の日やエプロンのひも縦結び        長谷部かず代

 

飛び飛びに取り残されて葱坊主        江澤 俊子

 

駆け上がる駅の階段春コート           伊藤 泰子

 

鮎の稚魚放流終へて川談義              大越 徹夫

 

大粒の雨の痛さや薔薇に棘              長谷川悦子

 

 

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る