八月号の深海集から

菅野 孝夫選

 

 

 

 

喉越しの白湯の甘さよ夕薄暑            よしえ

 

母の日の白詰草の首飾                     真砂子

 

飯豊より神を迎へて畦を塗る            研 二

 

昼深し桐の落花の音を立て               啓 三

 

春惜しむ列車の窓は海に向き            ひ ろ

 

田植済む小学校の裏の田も               千 代

 

雲海の切れ間に光るカルデラ湖         和 大

 

鳰浮巣望遠鏡にゆれやまず              十美子

 

起きて寝て薬を飲んで昭和の日         芳 朗

 

春惜しむレタス指もてちぎりけり      恭 子

 

さくらんぼ母には長女次女がゐて      のり子

 

ぎしぎしや干されて魚籠の滴れる     弘 

 

正座して猫と分けあふ初鰹              砂 女

今月の推選作品/8月号蒼茫集・春蟬集同人作品より

菅野孝夫選          

 

飯粒の沈んでゐたる春の川                     小田  笑

 

丘一つニセアカシアの風となる               萩原 敏子

 

落葉松の芽吹や本を持たぬ旅                  和田 秀己

 

潮風に傾きがちの松の芯                        柏木はる子

 

スカーフに日出づる国の青田風               松尾美枝子

 

夏闇や息が誰にも届かない                     三上 イツ

 

母からの茶箱が今も更衣                        長谷川悦子

 

母の忌や来る人のきて豆ご飯                  塩川 邦子

 

クレソンにオリーブオイル夏めく日         長谷部かず代

 

梅雨寒や蛍光灯のジーと鳴り                  伊藤 泰子

 

姿見に背筋を伸ばす薔薇の雨                  戸川 雅子

 

手のひらにひんやりとして瑠璃蜥蜴         鈴木 裕枝

 

月差してしきりに竹の落葉かな               真々田 香

 

新調の夫のシャツや更衣                        相見 基子

 

母の背の四尺七寸麦の秋                        和田 富子

平成28年12月号より

平成28年11月号より

平成28年10月号より

平成28年9月号より

平成28年8月号より

平成28年7月号より

平成28年6月号より

平成28年5月号より

平成28年4月号より

平成28年3月号より

平成28年2月号より

平成28年1月号より

ホームへ戻る