九月号の深海集から

菅野 孝夫選

 

 

 

 

外房や目路の限りの青葉潮                 裕 子 

 

六月やただゐるだけの鳩がゐる           弘 

 

菊の香や太鼓松明門を出づ                 誠 文

 

もう登ることなき青嶺仰ぎをり           千代子

 

新しきホースに替へて水を撒く           ひ ろ

 

浴衣縫ふまだ役に立つ糸切歯              千 代

 

食べてより山椒魚と言はれけり           十美子

 

紫陽花にきのふの色とけふのいろ        芳 朗

 

梅雨に入るたぬきうどんのたぬきかな  恭 子

 

水黽の影を大きく水の底                    真砂子

 

枇杷の実の散らかつてゐて路地の雨     のり子

 

まくなぎを舐めとられてゐる眼球        砂 女

今月の推選作品

9月号蒼茫集・春蟬集同人作品より菅野孝夫選          

 

海と空見てゐるだけやソーダ水       柏木はる子

 

卵産む矮鶏の間仕切り朝ぐもり       内田恵里子

 

ががんぼのふらと出てくる楽屋口    小田  笑

 

骨付の肉を一皿ビヤガーデン           萩原 敏子

 

戸隠山の蟻の戸渡り夏の霧              栗原 律子

 

スプリンクラー送水口や炎天下       大越 秀子

 

麦秋や少し手すきの美容室              久米美知子

 

割算の余り一粒さくらんぼ              松尾美枝子

 

裁縫の時間首振り扇風機                 森村 和弘

 

鰻焼く煙上野の広小路                    渡辺 淳子

 

夏雲やベッド一つにある自由           三上 イツ

 

薔薇かをる今日が一番元気な日        平川菜穂子

 

母の忌や鰻を食ぶる叔母がゐて        長谷部かず代

 

かなぶんの引つ繰り返る桟の角        伊藤 泰子

 

頭使へば目が痛くなる梅雨の日々     宮吉 華房