菅野孝夫

食べこぼす 

 

平成29年4月号より

 

 

 

 

梢より零るる雪や鳥のこゑ

 

見るからに翅つややかに冬の蠅

 

マスクして人を厭うてをりにけり

 

父のくに母のふるさと雪女

 

風の音よつぴて荒れて二月かな

 

春寒料峭剥き出しの鳩の足

 

山からの風に色あり雑木の芽

 

人のこゑ雀のこゑや木の芽風

 

猫の子も蠅も生れてふるさとは

 

レム睡眠ノンレム睡眠明易し

 

春泥や山羊の子どもが飛び跳ねて

 

くたびれて投げ出す足や草青む

 

二日の休み二日の春の風邪心地

 

人が来て目刺が焦げてしまひけり

 

五家宝の粉食べこぼす日永かな

 

二三匹箸をこぼれて白子干

平成29年12月号より

平成29年11月号より

平成29年10月号より

平成29年9月号より

平成29年8月号より

平成29年7月号より

平成29年6月号より

平成29年5月号より

平成29年4月号より

平成29年3月号より

平成29年2月号より

平成29年1月号より

ホームへ戻る