野火歳時記 (平成29年1月号より)

 

 

 

 

 

七草や余生の何となくせはし           池田 啓三

 

人間の耳みぎひだり雪が降る           菅野 孝夫

 

餅花を座敷童が来て揺らす              伊藤 恭子

 

満天の星を被きて雪だるま              大田千代子

 

寒林の長き影曳き美術館         加藤十美子

 

学校の窓よりスキーリフト見ゆ        小池 旦子

 

玄関に大きな靴やお正月         神代 英子

 

百歳のねむり菩薩や手毬唄              佐藤 とよ

 

葉牡丹や好日の刻すぎやすく           鈴木  清

 

寒烏ビルの谷間を筋交ひに              萩原 敏子

 

藪柑子名前呼ばるることが好き        古木真砂子

 

初詣夜明けの色の紬着て         松井 和子

平成29年12月号より

平成29年11月号より

平成29年10月号より

平成29年9月号より

平成29年8月号より

平成29年7月号より

平成29年6月号より

平成29年5月号より

平成29年4月号より 

平成29年3月号より 

平成29年2月号より

平成29年1月号より

 

ホームへ戻る