野火歳時記

〈10月〉

 

 

 

 

朝寒やけふの予定を声に出し             相見 基子

 

捨案山子平家の谷に風唸る                礒村 和子

 

女らの手掴みで売る秋刀魚かな          植草 泰子

 

行き暮れて雨に降られて源義忌          内田恵里子

 

二三びき泥鰌のさわぐ落し水             大越 秀子

 

栗菓子を母と分け合ふ後の月             大谷のり子

 

図書館の奥の書棚の秋気かな             財間 和代

 

ナースコールして耳澄ます夜長かな    萩原 敏子

 

丸太ん棒二つ渡せる紅葉渓                橋本 研二

 

片付けて秋の机となりにけり             森村 和弘

 

月光に濡れて一夜の微熱かな             柳瀬 秀子