野火歳時記

〈12月〉

 

 

 

 

 

初雪や野積みの丸太香を放ち           上石みち子

 

極月の週末の夜の八重洲口              池田 啓三

 

裸木の百パーセント骨密度              小田  笑

 

湧水のほどよき力蕪洗ふ                 斎藤万亀子

 

逆立ちの白鳥湖の底のぞく              佐藤 とよ

 

山の辺の冬日に透けて真葛              篠原 悠子

 

股引穿く大黒柱に倚りかかり           富澤  隆

 

おでん煮る曇る眼鏡を拭ひつつ        萩原 慧子

 

冬の水石落しより覗き込む              萩原 敏子

 

十二月ドアのベル鳴る喫茶店           長谷部かず代

 

耳鳴りか脳が泣くのか虎落笛           御園 英子

 

百合鷗盗賊鷗よく晴れて         渡辺 淳子