野火歳時記 

(平成29年2月号より)

 

 

 

 

春寒や畳の上の椅子机                      篠田悌二郎

 

日当りを歩いて梅のところまで          菅野 孝夫

 

坑道の奥の横穴冴返る                      大越 秀子

 

薄氷の下ゆく水の流れかな                大谷のり子

 

鎌倉山雨の向うの初音かな                坂口 直子

 

残雪や素描のやうに岳樺                   篠原 悠子

 

まんさくに日の移りたる雑木山          土田 啓三

 

白魚漁師ゴム長干して一休み             原田 潔味

 

往診医雪解雫を潜り来る                   番場勢津子

 

ふきのたうみんなおとなになりにけり   松井 和子

 

かたはらに夫ゐるバレンタインの日      渡辺 啓子

 

風がまだ尖つてゐます猫柳                  渡辺 淳子

平成29年12月号より

平成29年11月号より

平成29年10月号より

平成29年9月号より

平成29年8月号より

平成29年7月号より

平成29年6月号より

平成29年5月号より

平成29年4月号より 

平成29年3月号より 

平成29年2月号より

平成29年1月号より

 

ホームへ戻る