野火歳時記

〈3月より〉

 

 

 

 

 

 

 

水を出て何するとなき春の鴨           菅野 孝夫

 

雪吊を外せる縄の一まとめ              大越 千代

 

春泥の中を流るる水の道         小田  笑

 

春の雪介護日誌にペン挟む              植草 泰子

 

風連れて片栗は山下り来る              金子 三郎

 

あたたかや振つて水切る縄束子        土屋 瞳子

 

起立してピアノに映る卒業生           萩原 敏子

 

根回しの縄新しき植木市                 藤田  満

 

柳の芽揺れて光の滝となる              古木真砂子

 

春炬燵繭となるまで眠りたし           松井 和子

 

山笑ふよろけて空の猫車                 渡辺 淳子

 

人形に関節のあり彼岸寒                 渡辺 長子

平成29年12月号より

平成29年11月号より

平成29年10月号より

平成29年9月号より

平成29年8月号より

平成29年7月号より

平成29年6月号より

平成29年5月号より

平成29年4月号より 

平成29年3月号より 

平成29年2月号より

平成29年1月号より

 

ホームへ戻る