野火歳時記

〈4月より〉

 

 

 

 

 

 

 

長雨の濁りも取れて花うぐひ            菅野 孝夫

 

また一つ老いて九段の桜かな            池田 啓三

 

くちびる乾くぶらんこを漕ぎたれば     伊藤 恭子

 

生みたての卵の温み朝桜          内田恵里子

 

山笑ふ雪を残していろは坂                 大越 徹夫

 

落葉松の芽吹く二の沢三の沢              小川 斗夢

 

蘖にゆるく結はへて道しるべ              砂   女

 

白魚に芥子粒ほどの目が二つ             仲代 知子

 

常滑の急須の艶や春炬燵                   増田 芳朗

 

手を出せば蛇口から水万愚節             松尾美枝子

 

春雪や老舗旅館の鏝絵壁                   山口あつ子

 

蟻穴を出でて出会す犬の鼻                米澤 久子

平成29年12月号より

平成29年11月号より

平成29年10月号より

平成29年9月号より

平成29年8月号より

平成29年7月号より

平成29年6月号より

平成29年5月号より

平成29年4月号より 

平成29年3月号より 

平成29年2月号より

平成29年1月号より

 

ホームへ戻る