野火歳時記

6月〉

 

 

 

 

 

椎匂ひ雨に江戸川ただ白し              篠田悌二郎

 

桜桃忌亀は空見て日が暮れて           伊藤 泰子

 

じぐざくに米寿の父の田植かな        大越 秀子

 

金魚草咲き続けをり水をやる           小澤 房子

 

箸置きて鮎の姿に見とれけり           柏木はる子

 

山畑に移る雲影小豆蒔く                 小池 旦子

 

六月や銀座通りのジャワ更紗           財間 和代

 

蛍の夜母の生家に母と寝て              戸田 一子

 

起き抜けの畑仕事やほととぎす        仲代 知子

 

あぢさゐを打つ雨音のフォルティシモ  沼田貴美子

 

浜昼顔胸に波音たたみ来る              山口あつ子

 

しばらくは馴染まぬ軽さ夏布団        若井 英夫

平成29年12月号より

平成29年11月号より

平成29年10月号より

平成29年9月号より

平成29年8月号より

平成29年7月号より

平成29年6月号より

平成29年5月号より

平成29年4月号より 

平成29年3月号より 

平成29年2月号より

平成29年1月号より