野火歳時記

〈7月〉

 

 

 

 

 

 

冷す牛汐満ち来るを暮れゆくを       篠田悌二郎

 

もう滝は数へず奥の滝めざす          松本  進

 

名を呼んで金魚の水を替へにけり    池田 啓三

 

登山靴洗ひ残しの泥乾く                菅野 孝夫

 

座布団に赤子を寝かせ夏座敷          伊藤 恭子

 

西日差す屋根に石置く漁師小屋       大越 徹夫

 

棒切の立つて流るる夏の川             小田  笑

 

郭公やリフトに足を遊ばせて          栗原 律子

 

炎昼のコールタールの一斗缶          松尾美枝子

 

繋がれて牛のまなこや合歓の花       御園 英子

 

山小屋の大雪渓の明りかな             八尋 洋一

 

太鼓屋に太鼓が積まれ梅雨上る       山口 啓介

平成29年12月号より

平成29年11月号より

平成29年10月号より

平成29年9月号より

平成29年8月号より

平成29年7月号より

平成29年6月号より

平成29年5月号より

平成29年4月号より 

平成29年3月号より 

平成29年2月号より

平成29年1月号より

 

ホームへ戻る