野火歳時記

〈9月〉

 

 

 

 

桃食べて空の青さに疲れけり           菅野 孝夫

 

特急の過ぎたるあとの葛嵐              大田千代子

 

男体山に日の落ちかかる草雲雀        柏木はる子

 

釣れぬ日のふるさと自慢黒葡萄        刈込 照子

 

爽やかや多羅葉青き実をつけて        仲代 知子

 

褒めて買ふ農校生の秋茄子              番場勢津子

 

蓑虫の糸一本の天地かな                 古木真砂子

 

露涼し幻住庵の茅の門                    保呂 和子

 

子規庵の庭に風ありをみなへし        山田 楽山

 

水澄むや飯豊山麓蕎麦の腰              米澤 久子

 

枝豆やひとりに惜しき月上り           鷲田 裕子

 

コスモスや信州高原バス乗場           和田 秀巳