野火歳時記

【6月】

 

忿懣のとぐろを巻いてゐる蝮    菅野 孝夫

 

行く先をメモに残して梅雨の蝶   大越 千代

 

灯台の小さく見えて青嵐      刈込 照子

 

十薬を干す祖母のゐて母がゐる   財間 和代

 

桑の実のスイーツ銀座三丁目    佐藤 芳子

 

吊橋の揺れは後からえごの花    鈴木 政子

 

城山の三角点や蟻の穴       長谷部かず代

 

鮒鮓や雨にけぶれる賤ケ岳     保呂 和子

 

雨粒を縫ひ止めてゐる蜘蛛の糸   宮鍋 良子

 

これからが仕上げの齢風薫る    山口 啓介

 

短夜の机の隅のドル紙幣      和田 富子

 

地下室の五人の会議桜桃忌     和田 秀巳

平成30年12月号より

平成30年11月号より

平成30年10月号より

平成30年9月号より

平成30年8月号より

平成30年7月号より

平成30年6月号より

平成30年5月号より

平成30年4月号より 

平成30年3月号より 

平成30年2月号より

平成30年1月号より

 

ホームへ戻る