野火歳時記

【2月】

 

古利根に大鯉出たり犬ふぐり           梅沢  弘

 

干物干す海岸通り梅二月         影山 葭郎

 

薄氷の消ゆるところに塔の影           加藤十美子

 

麦踏や紫紺に暮れて行く赤城           金子 三郎

 

下萌や田にゆきわたる日の光           窪木 伸治

 

トートバッグ口開けてゐる春の雪     栗原 律子

 

春立つやふはふはをどる花鰹           戸川 雅子

 

若布干す太平洋の風の中                 長谷川悦子

 

雪国の二月の空の多面体                 籏本 春美

 

針祭る家庭科室の菓子の箱              森村 和弘

 

遠山の襞蒼みゆく雪解風                 山口 啓介

 

耳当てて雨水の山毛欅と語りけり     柳澤 二重

平成30年12月号より

平成30年11月号より

平成30年10月号より

平成30年9月号より

平成30年8月号より

平成30年7月号より

平成30年6月号より

平成30年5月号より

平成30年4月号より 

平成30年3月号より 

平成30年2月号より

平成30年1月号より

 

ホームへ戻る