野火歳時記

【3月】

 

 

 

 

 

 

蛇穴を出て聞く耳を持たぬなり        菅野 孝夫

 

大仏の鼻に止まりて春の雪                川面より子

 

いち早き目覚め越前竹の雛                小池 旦子

 

広げては畳む新聞春炬燵                   酒井 道子

 

はけ水の細き流れや落椿                   佐々木由紀子

 

春泥や家鴨が鳴いてつききたる          塩川 邦子

 

志ん生の人情話蜆汁                         鈴木  清

 

鳥雲に百円分の望遠鏡                     土屋 瞳子

 

土地言葉やさしき駅舎黄水仙            橋本 幸子

 

卒業生光となりて門を出づ               藤田  満

 

啓蟄の首を回せば鳴るこけし            松井 和子

 

芽吹くもの芽吹いてゐたる川つ風      真々田 香

平成30年12月号より

平成30年11月号より

平成30年10月号より

平成30年9月号より

平成30年8月号より

平成30年7月号より

平成30年6月号より

平成30年5月号より

平成30年4月号より 

平成30年3月号より 

平成30年2月号より

平成30年1月号より

 

ホームへ戻る