野火歳時記

【4月】

 

 

 

 

 

 

晴明や猫が尻尾をぴんと立て           相見 基子

 

接骨木の花こまごまと賑やかに        内田恵里子

 

午後の日の窓にやはらか桜漬           江澤 俊子

 

巣づくりの烏二の丸三の丸              大越 秀子

 

甘茶仏乾く間もなき手を上げて        大谷のり子

 

    チューリップ四五本村の診療所        鵜沢よしえ

 

紙風船きのふの息がしよぼくれて     神田 絹子

 

花いまだ濡れて麒麟の肉の角           砂   女

 

古里のバス停に母花菜風                 古木真砂子

 

囀や歩くと揺るるイヤリング           松尾美枝子

 

釜飯の皮反り返る桜鯛                    宮澤みどり

 

万愚節金粉入の茶を淹れて              山口あつ子

平成30年12月号より

平成30年11月号より

平成30年10月号より

平成30年9月号より

平成30年8月号より

平成30年7月号より

平成30年6月号より

平成30年5月号より

平成30年4月号より 

平成30年3月号より 

平成30年2月号より

平成30年1月号より

 

ホームへ戻る