野火歳時記

【5月】

 

 

 

 

 

葉桜やひとりのベンチやや冷えて     石川 ひろ

 

新宿の夕暮の色修司の忌                 伊藤 泰子

 

筍を包む昨日の新聞紙                    植草 泰子

 

楠新樹日の丸揚がる村役場              鵜沢よしえ

 

花嫁のブーケ五月の空にとぶ           影山美保子

 

八方に洗車の飛沫青葉風                 北見みえ子

 

夏来る伊予の釣船音立てて              窪田由美子

 

ネクタイを外し校長茄子植うる        齋藤  博

 

母の日やいつものやうに句を詠みて  中山 悦子

 

英世への母の手紙や桐の花              萩原 敏子

 

谷うつぎ週一回の診療所                 渡辺 啓子

 

牡丹散つてあつけらかんと空のこる  渡辺 長子

平成30年12月号より

平成30年11月号より

平成30年10月号より

平成30年9月号より

平成30年8月号より

平成30年7月号より

平成30年6月号より

平成30年5月号より

平成30年4月号より 

平成30年3月号より 

平成30年2月号より

平成30年1月号より

 

ホームへ戻る